家族間でいざこざが起こることもある

家庭の中で問題が起こると家庭の中だけで解決しようとする人が多いです。もちろん他人には分からない事情があるにせよ、実はほとんどの裁判や事件は家庭内で起きていることを知りましょう。正しい解決に導くには、適切なタイミングでプロに相談することが大切です。

離婚を弁護士に相談するなら実績のあるところを選ぼう

相談

経験のある弁護士を選ぼう

離婚調停は家庭裁判所で審議されることが多いので、実はどんな弁護士でも弁護人を務めることができます。
しかし、やはり実績のある弁護士に頼んだほうがいいでしょう。良い弁護士でも、企業専門の弁護士は避けたほうがいいです。

時間を確保してくれるところ

弁護士事務所では様々な案件を抱えているため、一人の弁護士がいくつもの調停や裁判の担当をすることは珍しくありません。
離婚相談や調停の案件を後回しにされるようであれば、別の事務所を探しましょう。そのほうが相談もしやすいです。

自分の心の状態を侮らない

弁護士に相談するのですから、法律的な手続きだけ手伝ってもらえれば良い、弁護士なら誰でも良いと考えるのはやめましょう。
離婚は思ったよりも根気の必要なことで、法律面だけでなくメンタル面でもダメージが大きいです。そのような人であれば、気持ちを汲み取ってくれるような弁護士を選ぶべきです。

分かりやすいのがベスト

はっきりと慰謝料でいくらほしい、親権が欲しいなどの要望を伝えましょう。そうすれば弁護士の報酬に関しても明確な判断ができます。
あまり分かりにくい説明をする事務所だと要注意です。料金に関してもしっかり内訳を提示してもらわなければなりません。

離婚で弁護士に相談

交通事故に遭遇して弁護士を利用した人の体験談もチェック!

加害者に弁護士がついていたので

普通、保険会社を通して車の修理額を決めますよね?私の場合は加害者側に弁護士がついていました。なので、私もちゃんと交渉できるように、弁護士を雇ったんです。結果的に満足できたので安心しました。

対応が難しかったケース

警察へ連絡して、加害者とも交渉しようとしたのですが、加害者のほうがだんまりを決め込んでしまって…。私は怪我もしてましたし、治療費が欲しかったので弁護士さんに頼みました。すると相手も応じてくれて助かりました。

味方になってくれた

交通事故に遭遇したのですぐに弁護士に頼みました。保険の相談員はお金のことは相談できますが、やはりあちらの立場もあるので保険金はあまり出したくないのは当然です。弁護士なら味方になってくれるので安心ですよ。

じっくり選びました

事故直後に弁護士に頼まないといけないと思ってたんですが、私は入院時に頼みました。示談交渉も手伝ってくれたので、治療費がだいぶ浮いたんです。後遺症が残ったのでやっぱり相談していて良かったと思いました。

示談交渉中に依頼しました

事故対応当初から示談を行なっていたのですが、あまり進捗が良くなかったので弁護士に相談しました。最初から弁護士を付けなければならないのかなと思い込んでいましたがそうではなかったです。誠意ある対応ももらえたので安心しました。

大阪で税理士に申し込み

[PR]
慰謝料請求されたなら必見!
優良事務所をピックアップ☆

様々な頼れる仕事

法律関係の交渉には弁護士が頼りになるというのは多くの人が知っていることですが、その他にも法律や税の手続きで頼れる事務所が東京や横浜にはたくさんあります。税理士や司法書士、行政書士などがどんな仕事を請け負ってくれるのか知っておくと良いです。

行政書士が請け負う業務とは?

会社設立

株式会社を作る際には特に活躍してくれます。それだけでなく、NPO法人や合同会社の設立に関しても書類手続きといった代行業務を行なってくれるのです。資本金の額や会社の名称を決める手伝いをしてくれて助かります。

許認可申請

官公署へ提出する書類といった、会社やお店を経営する上で重要なものを申請したり提出する代行をしてくれます。古物商許可や医薬品販売業許可など、業種の幅もとても広いです。申請書には現場の図面が必要なこともありますので、それも確認をしてくれます。

相続関連

弁護士や司法書士も関わりますが、相続に関しては行政書士に手続きなどを頼むことができます。相続人の確定をしたり、相続関係を明確にするための図を作成してくれます。相続人の確定には細かい仕事が必要ですが、これらもすべて行政書士に任せられるのです。

[PR]
横浜で交通事故に相談
専門家に頼るのも有り★

[PR]
アポスティーユの内容を確認
手続きについて調べよう

名古屋で税理士を利用 東京で行政書士を利用

広告募集中