税理士に頼むときの契約や報酬について考える

税理士に頼むときの契約や報酬について考える

計算する人

目安がない

税理士の報酬はどの程度にすればいいのか、相場がないので決めるのが難しいのが現状です。名古屋の事務所と顧問で契約しているときや、各作業を依頼するときは気を付けましょう。
作業に対する報酬以外にも、顧問料がかかってくるなど、内訳を把握しておくことも大切です。

電卓を持つ人

定期的に行なう業務と一年に一回では相場が違う

経験者の意見を総合すれば、相場は簡単に調べることができるので、調査をしましょう。
また、月一と年一の作業では労力も違ってくるので、報酬の相場も違います。こういった季節に関する違いに関しても調べておくと良いです。
例えば記帳代行だと月2万円がそうばですが、確定申告だと10万円程度になります。

税理士報酬基準の違い

売上高

税理士の仕事は売上が上がれば上がるほど作業量が増えていきますので、報酬の基準を売上高にするケースがあります。この報酬基準は分かりやすいですが、売上高が戻ったときでも報酬額が見直されないことが多いです。

作業量

単純に作業量で報酬の基準を決める方法です。それぞれの業務の内容によって金額は変わっていきますが、利用する側にとっては分かりやすい基準です。しかし、計算が細かくなるというデメリットもあります。

広告募集中