相続に関するトラブルを知って準備しておく

相続に関するトラブルを知って準備しておく

ウーマン

少額を争う裁判が増えている

普段親戚付き合いがない、もしくは仲良く付き合っているから相続問題が起きないと考えているのであればそれは危機意識が足りないといえます。
2015年には相続税の基礎控除額が縮小されているため、少額の相続で裁判になっているケースが横浜でも千葉でも増えてきているのです。

天秤

よくあるトラブルの内容

トラブルが起きた場合は弁護士に相談しますが、起きる前の対策なら税理士にも頼むことができます。
訴訟のいくつかのパターンを知っておくと、準備もしやすいです。一つは兄弟間のトラブルです。割合に関する争いが多く、相続人によって分配比率を変えるという解決策が取られます。

遺産相続人のケース【独占or多い】

独占されることで起こるトラブル

相続人が一人で遺産を独占している場合にトラブルが起きやすいです。長男は家のものをすべて受け継ぐ家督相続の風習が残っている地域は特にそうです。トラブル解決には遺留分減殺請求といった手段がとられます。

相続人が多い

相続人の権利がある方が多い場合にもトラブルは起こります。非嫡子や隠し子が被相続人にいるパターンだと、話し合いや感情面の折り合いでも難しくなります。相続人が増えれば基本的には節税になります。

広告募集中